MENU

動画をじっくり楽しみたい人必見!youtubeのスロー再生

youtube スロー再生

 

youtubeで動画を再生していると、時々「スロー再生でゆっくり観たいな」と思う場面もありますよね。何度もリピートをするというのも面倒ですし、一時停止では物足りません。

 

youtubeの動画をスロー再生する方法というのはあるのでしょうか?

 

 

一番簡単!歯車アイコンからの速度調整

 

youtube スロー再生

 

youtubuの動画をスロー再生するには、動画再生ページにアクセスして、スローにしたい該当動画をクリックします。

 

そして再生がスタートする画面の右下に「歯車」アイコンが小さく表示されているので、そこを選択します。

 

スポンサーリンク

 

歯車アイコンをクリックすると、メニューが小さく表示され、「速度」という項目が出てきます。

 

あとは、メニューの速度の項目から、自分の好みに合わせて好きな速度を選ぶだけです。

 

 

速度変更はHTML5動画プレーヤで!

 

歯車アイコンをクリックしても、速度メニューが表示されない場合は、youtubeの設定を変更する必要があります。

 

youtubeの設定が「HTML5動画プレーヤ」ではなく「デフォルトプレーヤー」になっていると、速度の変更が出来ません。

 

https://www.youtube.com/html5

 

上気のリンクからアクセスをして、現在どのプレーヤーを使用しているのかを確認します。

 

スポンサーリンク

 

リンクをクリックすると、「youtube html5 動画プレーヤー」という画面が表示され、その中ほどに「現在、html5〜」と表示されていれば、現在はhtml5の動画プレーヤで再生されています。

 

もしこのような表示がなければ、その付近に「html5 動画プレーヤー」へのリクエストボタンがありますので、そこをクリックすれば動画プレーヤが変更されて、速度表示が可能となります。

 

 

スマホでのスロー再生にはアプリで対応!

 

youtube スロー再生

 

スロー再生するこれらの方法は、実はパソコンからでしか操作が出来ません。

 

そのためスマートフォンで使われているyoutubeアプリでは、設定ができませんので無料のアプリを使ってスロー再生機能を追加しなければいけません。

 

youtubeをスロー再生できるiphoneアプリで有名なのが、「speedtube」と呼ばれるもの。app storeから簡単に検索できて、ダウンロードが可能です。

 

簡単な使い方ですが、インストールしたspeedtubeをタップして起動後、右上にある「play」を選択します。そして右下にあるスライドバーを調整すれば、スピードのコントロールが可能という訳です。

 

これだけで簡単にスロー再生や、倍速再生が可能なので、とっても便利!

 

 

一番面倒?android端末でのスロー再生

 

youtube スロー再生

 

iphoneではアプリをダウンロードして、それを使えば動画をスロー再生することが簡単にできます。しかし、android端末では残念ながら気軽に行えるアプリなどが存在しないので、少し手間がかかります。

 

android端末の場合は、動画再生そのものをスローにさせるアプリしかないので、youtubeの動画を端末内に保存して、スロー再生アプリを使って閲覧をするという方法が今のところ唯一です。

 

youtubeの動画を保存するのに適しているのが、「tube mate」と呼ばれるアプリです。これでまずは動画を端末内に保存します。

 

保存できたら、次はスロー再生ができるアプリをインストールする必要がありますが、一番人気だと言われる「dice player」を用いておけば問題ないでしょう。

 

この2つのアプリを使えば、android端末であってもyoutubeの動画をスロー再生できます。

 

 

youtubeの動画をスロー再生する方法について、紹介していきました。一番簡単なのはやはりパソコンからyoutubeを観る場合ですね!

 

スマートフォンの場合は、スロー再生をするアプリが別途必要になりますので、ちょっと面倒と感じるかもしれません。ですが、このスロー再生は色々と役立つので、是非とも覚えておきましょう。