MENU

オフラインでも!youtubeのキャッシュで動画を再生するには

youtube キャッシュ

 

youtubeの動画を視聴すると、一時ファイルとしてパソコン内に保存されています。これは次回に同じURLにアクセスした際に処理を高速化するためです。

 

実はyoutubeの動画をキャッシュを使って保存し、オフラインで再生することができるのだとか。それにはどんな方法を使えば良いのでしょうか?

 

 

とにかく消えないうちに保存すべし!

 

youtubeの動画を視聴すると、一時ファイル(キャッシュ)として保存されます。このキャッシュはすぐに消えてしまうので、消えないうちに保存をしておく必要があります。

 

まずは使っているブラウザを開きます。ここではIE(Internet Exploler)からキャッシュの場所を見ていきます。

 

スポンサーリンク

 

IEを開きトップページを表示させます。

 

そして画面の一番右上にある「ツール」ボタンをクックしてメニューを表示させます。このメニューの中にある「インターネットオプション」をクリックしてください。

 

インターネットオプションが小さい枠で表示されますので、その中にはる「設定」をクリックします。

 

これによってさらに小さな枠が出てきて「インターネット一時ファイルと履歴」が表示されます。

 

 

探した動画ファイルはデスクトップに!

 

youtube キャッシュ

 

「インターネット一時ファイルと履歴」のところに「ファイルの表示」というボタンがありますので、そこをクリックします。すると「Temporary Internet Files」というフォルダが参照されます。

 

ここで動画のファイル形式が「.flv」というものを探します。そしてファイルの容量にも注目してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

動画ファイルは何百MBなどかなりの量がありますので、すぐに気付くかもしれません。

 

あとはそのファイルを右クリックしてコピーをし、デスクトップなどに貼り付けをすれば完了です!

 

 

ややこしい?chromのキャッシュを探しだすには

 

youtube キャッシュ

 

続いてyoutubeとの相性が良いgoogle chromeを使ってキャッシュを出す方法です。こちらはIEと違い検索から発見をしなければいけないので、ちょっとややこしいのが特徴です。

 

まずはスタートメニューからユーザー名をクリックします。マイドキュメントなどが表示されますが、そこから「APPdata」を見つけて選択します。

 

するとさらにフォルダが出てきますから、「Local」をクリックして「google」を選択しますさらに「chrome」を選んで「user data」をクリック。

 

そこから「default」を選択するとフォルダ一覧が表示されますから、「cache」をクリックすると、現在保存されているキャッシュの一覧が出てきます。サイズを並べ替えることによって、先頭に容量の大きいファイルが並びます。

 

これらを右クリックからコピーをして、デスクトップなどに保存をすればオフラインで動画の視聴が可能です!

 

 

これぞ裏技?!拡張子に.flvを付ける

 

youtube キャッシュ

 

chromeのキャッシュが保存してある場所までを紹介していきましたが、少しややこしいですよね。

 

そこで「C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\Default\Cache」をコピーして、スタートメニューの検索画面にこのまま貼り付けをして、「ユーザー名」のところだけを、自身が設定した名前に変更すれば、一発でたどり着けます。

 

デスクトップに貼り付けたファイルは、そのままでは再生できませんから、右クリックした後の「名前の変更」で拡張子を「.flv」に変更してあげましょう。これだけで、簡単に再生に成功できますよ!

 

 

youtubeの動画をキャッシュから再生する方法について紹介しました。chromeの場合はキャッシュまでたどりつくのがややこしいのですが、慣れてしまうと、オフラインでも視聴ができるので嬉しいですね。