MENU

youtubeがもっと便利になる!使いこなしたい2つの履歴

youtube 履歴

 

世界最大の動画投稿サイトへと成長したyoutube。大容量通信が可能となった現代においては、とても身近な存在になりつつありますよね。

 

そんなyoutubeですが視聴したデータは履歴という形で残っています。この履歴を表示させるにはどうすれば良いのでしょうか?

 

 

まずはgoogleへログイン!youtubeの履歴を確認するには

 

youtube 履歴

 

youtubeには膨大な動画が投稿されており、いつでも気軽に視聴が可能です。

 

googleアカウントにログインをしておけば、視聴した動画の履歴が保存される仕組みになっており、そこから再生をすることも可能です。

 

スポンサーリンク

 

youtubeの履歴を確認するには、まずはyoutubeへのログインが必要です。

 

youtubeはgoogleが買収した関係で、現在ではgoogleアカウントにログインをしておけば、そのアカウントがyotubeでそのまま使うことが出来ます。

 

 

chormで確認!再生履歴の表示方法

 

youtube 履歴

 

ここではchormブラウザにおける操作方法を記します。

 

ログインをした状態で、画面の左上にある「三」のアイコンをクリックしてください。

 

すると「あなたへのおすすめ」というメニューが表示されるようになり、そこから下にズラリと項目が並びます。

 

スポンサーリンク

 

この項目欄のところに「履歴」がありますので、それをクリックしてあげると画面が切り替わり「再生履歴」が表示されるようになります。

 

ここでは今まで再生したことのある動画一覧が表示されています。

 

 

すぐに再生できて便利!再生履歴のメリット

 

googleアカウントにログインをした状態で、youtubeの動画を再生すれば自然と履歴に残るようになります。

 

この履歴の便利な点はただの確認だけでなく、動画をもう一度再生できるという点です。

 

つまり1度再生した動画を、もう一度検索して探す必要なく、履歴に保存がされていればそこから選択して再生が可能なのです!

 

方法はとても簡単で、再生したい動画のタイトルをクリックしてあげるだけ。これだけで再生ページに自動で飛んでくれるので、後は再生が始まるのを待つだけです。

 

 

一緒に活用すればもっと便利!検索履歴の表示方法

 

youtube 履歴

 

youtubeでは動画の再生履歴がありますが、「検索履歴」というものもあります。こちらは、どんなキーワードを用いて動画を検索したのか、入力欄に入れた文字が検索履歴として保存されます。

 

こちらも、googleアカウントにログインをしておかなければ、検索履歴として残りませんので利用したい場合にはログインを済ませておきましょう。

 

ログインしてyoutubeのトップページに進んだら、画面右上にある「歯車」アイコンをクリックして、「動画の管理」を選択します。メニュー一覧が表示されますので、そこから「検索履歴」をクリックすると、今までの検索履歴が出てきます。

 

 

クリックするだけ!検索履歴の使い方

 

検索履歴を利用したい場合は、画面上に表示されている検索ワードがリンク表示になっていますので、それをクリックするだけです。

 

たとえば、過去に「google」と検索をした場合は、「google」が検索履歴に保存されています。次もこのキーワードを使いたい時は、「google」と表示されたリンクをクリックしてあげると、googleの検索結果が表示されます。

 

 

youtubeには、再生を保存してある「履歴」と、検索したワードが保存されてある「検索履歴」の2種類があります。どちらも、リンクをクリックするだけで、動画が再生されたり、検索結果が表示されるなど、かなり便利です。

 

youtubeにお世話になっている人であれば、この2つの履歴を是非覚えておきましょう!