MENU

自分らしくカスタマイズしたい人必見!youtubeの設定方法

youtube 設定

 

youtubeでは動画を楽しむために、様々な機能が搭載されています。

 

そしてアカウント情報からチャンネルにいたるまで、設定が用意されており自分流にカスタマイズができる特徴も持っています。

 

youtubeは、どんな設定が可能なのでしょうか?

 

 

まずは基本的な情報から!

 

youtube 設定

 

アップロードした動画があれば、基本情報を変更したり設定することも可能です。それには、「情報と設定」というページにアクセスする必要があります。

 

まずはgoogleアカウントにログインをして、youtubeのトップページを表示します。トップ画面の一番右上には、自身のアイコンが丸で囲われているハズですので、そこをクリックします。

 

スポンサーリンク

 

すると小さなメニューが表示されるので「クリエイターツール」をクリックしましょう。

 

すると画面が切り替わり、「クリエイターツール」のメニュー画面がズラリと表示されていますので、そこから「動画」を選びます。

 

ここでは、これまでアップロードされた動画が一覧として表示されています。編集したい場合には動画を選択して「編集」を押せば簡単に編集が可能です。

 

チャンネル動画の管理画面には、「情報と設定」のページがあります。こちらを開くと、アカウントの種類に応じて「基本情報」「収益受け取り」「詳細設定」の欄が出ています。

 

 

幅広いことが確認できる!チャンネル設定の方法

 

youtube 設定

 

自身が持っているチャンネルの詳細設定を確認したり、編集できる機能もあります。その機能を使うには、googleアカウントにログインしてから、youtubeのトップページを表示します。

 

画面右上にある自身の丸いアイコンをクリックしてから、「クリエイターツール」を選択後、左側にある「チャンネル」をクリックしてください。

 

そしてチャンネルのメニューが表示されますから、「詳細設定」を選んであげます。

 

スポンサーリンク

 

この詳細設定では、チャンネルを保有しているアカウント情報や国、チャンネルのキーワードの確認から編集までが可能です。

 

さらに広告やadwordsアカウントのリンクについての設定も出来るなど、チャンネルに関する幅広い部分に確認ができます。

 

 

動画UPの際の手間が省ける!デフォルト設定の方法

 

動画をアップロードする際は、デフォルトの設定が適用されます。これはすべてのWEBアップロードに関して適用されるので、youtube内において変更をしておく必要があるでしょう。

 

動画のデフォルト設定を行うには、youtubeのトップページから画面の右上にある自身のアイコンをクリックして、「クリエイターツール」を選択し「動画の管理」に移動をします。

 

ページの左側にある「チャンネル設定」を選択してから、「デフォルト」のボタンをクリックしましょう。ここではプライバシーやタイトル、ライセンスからタグなどの様々な編集ができます。

 

 

設定する際の注意!スマホは適用外!

 

youtube 設定

 

「チャンネル設定」から編集等ができる「デフォルト」によって、動画のアップロードが可能となります。これらの設定は後で変更も可能です。

 

ここで設定したデフォルトのアップロード設定が及ぶ範囲は、WEBブラウザからアップロードした動画のみが適用されます。

 

スマートフォンや動画編集ソフトなどを利用してのアップロードに関しては、設定適用外になりますので注意が必要です。

 

 

youtubeでは様々な設定ができます。特にアップロードやチャンネルに関しては、詳細に設定がされていますので、自分用にカスタマイズが可能です。

 

デフォルトで登録されている内容を変更したい場合について、いくつか方法を紹介していきましたので、どうぞ参考にしてみてくださいね。