MENU

覚えておこう!youtubeの非公開と限定公開の違い

youtube 非公開

 

youtubeに動画をアップロードすると、全世界の人に視聴される可能性があります。仲間内や自分だけが閲覧をしたいときなどには、ちょっと不都合ですよね。

 

そこでyoutubeには動画を非公開する機能がついています。これと同時に「限定公開」などもあり少しややこしさを感じる部分もあります。

 

youtubeにアップした動画を非公開にするには、どうしたらよいのでしょうか? また、限定公開との違いは何なのでしょうか。

 

 

違いは何?限定公開と非公開

 

youtubeに動画をアップロードすると、公開範囲を聞かれます。

 

そこには「公開」「非公開」「限定公開」の3パターンが用意されています。

 

スポンサーリンク

 

「公開」は、制限なくアクセスしてきた誰もが視聴できる状態なので難しいものではありません。

 

ですが「限定公開」と「非公開」は、何だか同じような感じもしますよね。

 

 

視聴できる人を制限できる非公開

 

youtube 非公開

 

まずは「非公開」ですが、こちらは自分が指定したgoogle+アカウントを持っている人だけが視聴できる設定になります。

 

ですから、動画のURLを送っただけでは視聴できないので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

 

非公開にすると、共有先としてgoogle+のIDを入力する欄が出てきます。もし自分だけで楽しみたい場合には何も入力をしなくて構いません。

 

自分やこちらが指定した特定の人にしか、公開した動画を視聴されたくない場合に「非公開」を用います。

 

 

URLを知っている人のみ視聴できる限定公開

 

youtube 非公開

 

続いて「限定公開」ですが、こちらはURLを知っている人なら全員が視聴できるというものです。

 

そのため、検索や関連動画などには登場しませんので、本当にURLを知っている人しか動画の再生ができません。

 

こちらはgoogle+のアカウントを持っていなかったとしても、視聴が可能なのでより範囲を広げて公開したい場合には「限定公開」はとても便利になります。

 

サークルや職場などで情報を共有する場合などに、この方法を活用しているところは多いようです。

 

 

公開範囲の変更はアップロード後もOK!

 

youtube 非公開

 

実際に公開をしてから、「やっぱり限定公開にしたい」という場合ってありますよね。そんな時のために、動画をアップロードした後から公開設定を変更させることは可能です。

 

それには、googleアカウントにログイン後、youtubeトップページを表示します。その画面の右上にある「歯車」アイコンを選択して「動画の管理」をクリックしてください。

 

「動画の管理」をクリックすると別画面が表示され、画面の左側にいくつかメニュー項目があります。その中の「アップロード済み」を選び、画面の右側にアップロードされた動画一覧を表示させます。

 

続いて公開範囲を変更したい動画にチェックを入れてから、上側にある「操作」を選択するとメニューが表示されます。そこから変更したい公開範囲を選んであげれば自動的に変更が完了します。

 

 

youtubeでは、動画の内容などにあわせて公開範囲を変更できます。アップロードした後からでも、変更はできますので有効に活用していきましょう!