MENU

youtube動画を限定公開する方法とメリット

youtube 限定公開

 

youtubeでは動画を投稿すると、全世界の人が自由に閲覧可能な状態になります。

 

しかし、中には友人だけにしか見せたくないというものや、身内で楽しみたいと考えている人も少なくはありません。

 

そんな時は、動画を限定公開にすれば問題は解決します。それはどのように行うのでしょうか?

 

 

管理者メニューから選択が可能

 

youtube 限定公開

 

動画を投稿する際に、プライバシー設定の項目から投稿する動画をどの範囲で公開するかを選択することができます。

 

スポンサーリンク

 

動画投稿画面の中央やや下よりに、「プライバシー」の項目があります。初期では「公開」という設定になっているのですが、「▼」をクリックすれば、いくつかの設定を選べるようになります。

 

また、動画を投稿後ならば「管理者メニュー」から再度選択することもできます。

 

 

非公開にすると自分が指定した人しか見れない

 

youtube 限定公開

 

プライバシー設定では「公開」「限定公開」「非公開」の3つの中から選べます。公開は分かりやすいですが、残りの2つはどこが違うのかパっと見た感じでは分からないですよね。

 

非公開に設定すると、自分と自分が指定したGoogleアカウントを持っている人だけが視聴できるようになります。

 

スポンサーリンク

 

完全にクローズド化された環境の中で動画を共有したい場合に用いることができます。

 

動画のURLだけを誰かに送ったとしても見られないので注意してくださいね。非公開にする場合には、共有先として名前、メールアドレス、サークルなどから選べます。

 

事前に「家族」「友人」などとグループを作成しておくと便利でしょう。

 

 

限定公開はURLを知っていれば全員視聴可能

 

youtube 限定公開

 

youtubeにある限定公開は、URLを知っている人であれば全員が視聴できます。限定公開とされてはいますが、そのURLを知っていれば良いのであまり制限がかかっているとは言えません。

 

検索しても表示されなかったり、関連動画一覧に表示されないという程度のものです。Googleアカウントを持っていない人などに公開したい場合には限定公開のほうが便利でしょう。

 

 

非公開と限定公開では、共有範囲に大きな変化があります。

 

絶対に特定の人以外には見られたくないという場合には、非公開を、そしてGoolgeアカウントを持っていない人に見せたい場合は限定公開とyoutubeは使い分けられるのです。