MENU

youtubeで広告収入を得るまでの手順とやり方

youtube 広告収入

 

youtubeに動画を投稿し、そこに貼り付けている広告から収入を得ることが可能です。

 

日本においては、2012年から一般の人にもこの方法が開放され、様々な人が独自の動画をアップロードしています。

 

ではyoutubeで広告収入を得るにはどのようなステップが必要なのでしょうか?

 

 

会員登録をしてアカウントを作成する

 

youtube 広告収入

 

まずは、youtubeに動画をアップロードさせるために、「google+」にyoutube用のアカウントを作成する必要があります。

 

無料で簡単に作れるので、特に問題なく進めることができるでしょう。

 

 

自分が投稿したい動画を作成

 

youtube 広告収入

 

動画の作成に関しては、自分が表現したい方法を用いることができます。

 

シンプルなものから、様々な効果を用いた本格的なものまで、最近の動画編集ソフトは素晴らしい機能を持っていますので、試してみる価値はあるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

広告収入を目的としてもしなくても、著作権を侵害するような動画をアップロードすることは、違法行為になりますので絶対にやらないようにしましょう。

 

もし違法動画に広告を貼り付けていることが判明したならば、アカウントの凍結という結果を招くこともあります。

 

すると、広告を貼り付けることはもちろん、アカウントにログインすることすらできなくなります。

 

 

youtubeに完成した動画をアップロードする

 

youtube 広告収入

 

動画が完成したら、youtubeにアップロードしましょう。

 

youtubeの管理メニューのところに「アップロード」という項目がありますので、そこをクリックしてファイルを選択します。

 

最初は15分以内の動画しかアップロードできませんのでご注意を。

 

スポンサーリンク

 

その後、再生回数が100回を超えたならば収益化の手続きを取ることができます。

 

すると広告を表示させることができるようになります。

 

 

収益が1000円以上になれば現金に換えられる

 

youtube 広告収入

 

広告収入が1000円を超えることができたら、アドセンスで収益の受取方法を決めることができます。

 

銀行にチェックを入れたならば、銀行振り込みができますし、獲得したお金を使って自身の動画を宣伝することも可能です。

 

使い方は人それぞれですが、銀行振り込みが一番無難なので、覚えておきましょう。

 

支払われる料金は、明確な基準は決まっていません。

 

ですが、おおよその目安として、10分程度の動画が1回試聴されるごとに0.1円ぐらいになると言われてます。