MENU

トラブルに発展する可能性も?!youtubeの著作権問題

youtube 著作権

 

youtubeでは世界中から毎日膨大な数の動画がアップロードされていきます。個人が撮影したものから、音楽のPVにいたるまでそのジャンルは非常に多彩です。

 

そんなyoutubeが常に抱える問題が著作権です。特にテレビ番組や映画、アニメなどが無断で投稿されており、大きな社会問題に発展するケースもあります。

 

youtubeでは、どこまでが著作権に引っかかるのでしょうか?

 

 

テレビ番組の録画動画も著作権違反!

 

youtube 著作権

 

著作権とは、自らの思想や感情を創作的に表現したものに付く権利です。

 

代表的なのが芸術ですね。音楽、映画、美術、小説、アニメなどには、個人や会社が著作権を持っており、無断で使用することは法律違反に値します。

 

動画の撮影が極めて簡単になり、youtubeに動画をアップするのも非常に単純になりました。

 

スマートフォンからでも簡単に投稿が出来るようになっているので、著作権の問題はますますyoutube上で問題になってくるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

完璧に著作権に引っかかるのは、アーティストのライブを撮影して、それをyoutubeにアップしたり、テレビ番組で録画したものを多くの人が閲覧できるような状態にすることです。

 

これはどんな言い訳をしたとしても、認められることはなく権利者からの申し立てがあれば、youtubeは削除を徹底的に行います。

 

ですが一度アップロードしてしまうと、誰かがその動画を保存しておけば、いつでもアップロードが出来るという「いたちごっこ」が発生するという懸念もあります。

 

 

気をつけよう!グレーゾーン動画の埋め込み

 

動画を投稿する側からすれば、著作権に十分に注意することは当然なので理解も早いです。

 

しかし視聴者側は、どこまで投稿者が著作権に関して行動をしているのかは分かりませんから、面白い情報や有益な内容は多くの人に教えたいと思いますよね。

 

スポンサーリンク

 

そこでyoutubeに導入されている「埋め込み」の機能が活躍されます。これもかなりグレーな部分が多いらしく、どこまでが認められているのかの判断はとても難しいところがあります。

 

たとえば、著作権に明らかに違反している動画を埋め込んで、自分のサイト等に貼り付けた場合は訴えられる可能性があります。

 

後々に面倒になる場合も考えられるので、怪しい動画を埋め込みしないようにしましょう。

 

 

埋め込みはオフィシャル動画のみ!

 

youtube 著作権

 

では、どんな動画であれば埋め込みが可能なのでしょうか。

 

これはyoutubeとパートナー契約を結んでいる企業が公式に公開をしている動画です。これは契約を結んでいる以上は著作権違反にはなりませんので、埋め込みは可能です。

 

ここでいう「公式」は著作権が航海者に帰属されていることが条件です。

 

オフィシャルなのかどうかは、オフィシャルサイトを見れば一発で分かりますので、埋め込みをするならばそこまでをしっかりと確認してから情報発信をしていきましょう。

 

 

迂闊な動画埋め込みは危険!肖像権やパブリシティ権について

 

youtube 著作権

 

個人が撮影して投稿した動画は、基本的に埋め込みを許可しているのであれば問題ありません。しかし個人が撮影をしているということで、「肖像権」を侵害している場合もあるので判断は埋め込みする本人に委ねられます。

 

もしその動画にうっかり有名人が入り込んでいたならば、パブリシティ権などにも影響してくるので、その部分もしっかりと判断をしておかなければならないでしょう。

 

動画の埋め込みは、複製でもなければ配信でもありませんよね。世界では埋め込みをしたぐらいでは著作権の違反には当たらないという判決が出ていたりもします。

 

個人個人がしっかりと考えて、youtubeへの動画の扱いをしていかなければなりませんね。

 

 

youtubeの動画の著作権について考えました。どこまでがアウトでグレーなのか、個人で判断するのがとても難しい場合もありますよね。

 

動画を気軽にアップロードできてしまう時代だからこそ、著作権については深く関心を示しておく必要があるでしょう。