MENU

通信速度に応じて調整しよう!youtubeの画質を変更する方法

youtube 画質

 

youtubeでは快適に動画を再生できるように、画質が通信速度に合わせて自動的に変更されています。

 

そのため通信環境が不安定な場合は、同じ動画でも画質が変わってくることもあるのです。

 

そんなyoutubeの画質ですが、どうやって変更をすれば良いのでしょうか?

 

 

なるほど!動画の画質を決定する要因3つ

 

youtube 画質

 

youtubeの動画の画質を決める要素に「インターネット接続速度」があります。

 

帯域幅に応じて解像度が決定され、標準的な解像度である240pや360pから、高解像度である720pや1080pまでが用意されており、この幅において調整がされます。

 

また動画の画質が決定されるのは、インターネット接続速度だけではなく、動画プレーヤーのサイズも関係があります。

 

スポンサーリンク

 

動画プレーヤーのサイズについては、デフォルトにおける画質設定は「自動」となっています。これはyoutubeがユーザーの動画プレーヤーのサイズを考慮して、その中における最高画質を用いて再生をするのです。

 

また、アップロードされた動画の画質も関係してきます。いくら視聴側が画質を良くしたところで、アップロードされた動画がそもそも低画質であれば意味がありません。

 

標準解像度で録画されているものは、高解像度で再生はできないのです。

 

 

すぐできる!動画の画質の変更方法

 

youtube 画質

 

では動画の画質を変更させるにはどんな方法があるのでしょうか。

 

画質を変更させるには、動画再生画面の右下にある「歯車」アイコンをクリックして解像度を選択していきます。

 

スポンサーリンク

 

携帯端末から画質を変更するには、「・・・」のメニューアイコンをタップして、「歯車アイコン」を選択していきます。これによって画質の調整が可能となります。

 

またこれらのオプションは、テレビやゲームコンソールなどの一部のデバイスでは利用できないので注意が必要です。

 

 

通信速度が遅い人向け!常に低画質で再生させるには

 

インターネットの接続が一時的でなくて、慢性的に遅い場合には高画質の設定にしていると、読み込みが遅くスムーズな動画再生ができなくなります。そのため、慢性的に通信速度が遅い場合には、高画質での再生をしない設定にします。

 

まずはgoogleアカウントにログインした状態で、youtubeのトップページを表示させます。画面の右上にある自分のアイコンをクリックして、「歯車」アイコンをクリックして、アカウント画面を表示させます。

 

画面の左側にあるメニュー一覧から、「再生方法」を選択すると画面右側に設定項目が表示されます。

 

この項目の一番上にある、「動画の再生画質」から、「接続速度が遅いので高画質にしない」を選択しましょう。

 

最後に保存をクリックすれば、自動的に高画質再生にするのを防いでくれます。

 

 

通信速度が高速の人向け!HD画質で動画を再生するには

 

youtube 画質

 

もしインターネットの通信速度が高速である場合、HD画質における再生が可能となる場合があります。

 

この場合はHD画質で動画を再生することができるので、その設定方法を知っておくと便利です。

 

まずはgoogleアカウントにログインをします。そしてyoutubeのトップページを表示させて、画面右上にある自身のアイコンをクリックし、「歯車」アイコンを選択していきます。

 

するとアカウント画面になりますので、画面左側にあるメニュー一覧の中から「再生方法」をクリックし、「フルスクリーンの場合はHDで再生をする」を選択します。

 

最後に保存をクリックすれば完成です。

 

 

youtubeの画質は自動的に調整されています。通信速度を主にして決まってくるので、速度が遅い場合には、手動で画質の調整をしてあげましょう。